本助成事業では、画像の加工・編集、SNSやインターネット、パソコントラブルに重点をおいたテキストを作成し、地域のシニアの輪を広げ交流を促したい。

目的

シニアがパソコンやネットワークを利用して、より楽しく活動的な生活を送れるようになることを目指し、単に使い方を学ぶだけでなく、趣味に役立てる、生活を楽しく便利にする、社会参加のためにICTを活用できることを目標にする。

必要性

パソコン全般の基礎知識、パソコントラブルの処理、SNS、インターネットショッピングなど、社会が急速に進むなかで、市販のテキストはビジネスに照準を合わせたものが多く、またパソコン教室に通っても取り残され脱落してしまうことが多い。シニアの社会参加や交流を促し、生きがいを持ちながら生活するためにICTを活用できるようにすることが必要である。

対象者

パソコンの基本操作ができる、地域活動・市民活動に関心のある50歳以上のシニア(定員10名)

活動内容

①自主テキストの作成と受講者の募集・選抜など
実施期間:2018年4月~7月
内容:50ページ程度の自主テキストを作成、チラシの作成・配架、受講者の選抜
②シニアICTリーダー養成講座開催
実施期間:2018年8月~2019年3月、毎月1回(各回4時間)、計8回(合計32時間)
実施場所:当法人パソコンルーム

期待される効果

  • シニアICTリーダー自身の生きがいづくりやシニアの知恵や経験を伝えるという付加価値が見込まれる。
  • シニアICTリーダーがシニアの地域住民の相談になることにより、シニアのICT化が促進される可能性がある。